広島県立障害者療育支援センターについて広島県立障害者療育支援センターについて

ホーム > 広島県立障害者療育支援センターについて > 所長挨拶

所長挨拶所長挨拶

ご挨拶

現在の、療育支援センターの前身であります、旧心身障害者コロニー松陽寮が創設されたのが、1981年(昭和56年)、重症心身障害児施設わかば療育園がスタートしたのが、1983年(昭和58年)のことです。施設の歴史は、40年近くになりました。

その間、障害者福祉は大きく変化してきましたが、『障害者と共に生きる文化を創造し発展させます』という理念のもと、利用者の権利を守り、利用者本位のサービスを提供することに努めてきました。

個別ニーズに基づく支援、利用者が有している力を維持・向上できるための適切な支援、自己決定・自己選択できるような支援等を基本に、そしてなにより一人一人が(を)一人の人間としてリスペクトされる(する)存在であるという権利を有していることを職員間で共有し、医療・福祉サービスの向上に取り組んでいます。

これからも重症心身障害から発達障害を含む、幅広い方々に対して、細やかな、血の通った療育・支援を、新しい時代に即して切り開き実践していきたいと思っています。

広島県立障害者療育支援センター
所長 村井 拓夫(むらい たくお)

ページ上部へ戻る


障害者療育支援センターについて障害者療育支援センターについて

サービス

わかば療育園
重い知的障害と重い肢体不自由のある人たちのために支援を行う、医療型障害児入所施設です。
松陽寮
利用者一人ひとりのニーズや特性に応じた支援を行う、障害者支援施設です。
地域支援課
わかば療育園「きらら」、わかば療育園「はみんぐ」、生活介護「おはよう」、その他
採用サイト
  • スタッフブログ
  • 機関誌情報