所長挨拶

ご挨拶

近年の少子高齢化による人口構造の変化が進み、2025年には3人に1人が65歳以上の高齢者となり、団塊の世代が75歳以上の後期高齢者となることから、医療・福祉といった社会保障にどのように取り組んでいくかが国の課題となっています。介護を必要とする方が増えていく一方で介護・医療従事者の人材不足はすでに現実のものとなり、介護従事者の不足による事業廃止という状況も生まれています。
私たちは障がいのある方の生活の場として「わかば療育園」、「松陽寮」を運営していますが、私たちの職場においても人材不足は例外ではなく、看護師や支援員等の不足は深刻な課題となっています。こうしたなかで「どうして人が集まらないのか?」「私たちの仕事に魅力はないのだろうか?」などと自問自答するたびに、「こんなに魅力のある仕事はほかにない!」と感じています。この仕事には他では得られない大きな喜びがある。人と人との絆、人として生まれたことの意味を日々感じることのできる仕事だと考えています。
ある職員が「利用者さんのお世話をして、利用者さんが楽しく生活できるようにと働いてきましたが、実は自分が癒され利用者さんに励まされていることに気づきました。」と話してくれました。私たちは本当にささえ合って生きているということを実感させられました。「助けているつもりが助けられている。」「些細なことに気づき感動を共感できる。」
このような職場が人材不足であることは、もっと私たちがこの仕事の楽しさや素晴らしさを伝え、積極的に世間にアピールしていく必要性があると感じています。
みなさんも、人と人とのつながりを大切に、喜びを共感しませんか。療育支援センターでお待ちしています。共に生き生きと働きましょう!

広島県立障害者療育支援センター
所長 村井 拓夫(むらい たくお)

病院見学・エントリーはこちら